モテる絵文字の使い方

メールの注意して欲しいのが絶対にポジティブな内容にして欲しいということ。「僕なんかと会ってもらえるのかな・・・」みたいな謙遜のような内容も女性からするとネガティブな内容にみられてしまうので、絶対に内容はポジティブな感じで書きましょう。

前のページでも書きましたがメールは長文じゃない方がいいです。多くて6行です。5、6行くらいでまとめると読みやすいし、面倒じゃないです。そして重要なのは絵文字は使っても2個までにしておきましょう。無難なのは、顔マークのやつですね。ニッコリとか、すましてる顔とか、汗かいてる顔とか。間違っても、女性が使うようなキラキラな絵文字ははじめは使わないように!

男性の中にはキラキラメールの使いどころを間違えるケースが多いようなので実際に女性がそのメールを見ると内容と絵文字が合ってないことで一気に熱が冷めることがあるようです。オッサンを感じるとか、ダサく感じるとか。前の文章と絵文字が合ってないというのがだめなようですね。

男性の中には普段奥手で引っ込みがち、ちょっと暗いかな?草食系?という方もいます。そういう方は絵文字を少し使った方が良いと思います。その方が柔軟性を感じるというか。逆に使わないと固い印象を与えちゃうと思います。女性のよっては、絵文字がないと冷たく感じる人もいますし。

なので、2個までだけど絵文字を使うようにしてみると、女性も気楽に返事をくれると思いますね。あとは、女性ともし会話が弾んでいるようであれば、デコメとかテンプレート使ったりして、「口下手なんで人のネタを使わせてもらいました。スミマセン」とか。今は芸人さんのデコメとかも出回っているのでそういうのを上手く活用して、彼女を少し笑わせるっていうのも良いと思います。

結局、メールで女性にどう思ってもらいたいのかというと
・安心
・面白い
・面倒じゃない
ってことをアピールすればいいと思います。
そうすれば、自然人柄も伝わり実際に会う前からある程度の信頼関係が作れると思いますね。

絵文字で気をつけたいポイント

・絵文字は2文字まで。使いすぎには十分注意。

・絵文字の種類は無難な顔程度にしておこう。難易度の高い絵文字は失敗する可能性大。

・女性に『安心』『面白い』『面倒じゃない』と思ってもらうことが大切。

都道府県別での人気サイト